わいぽん の がむしゃら!▼

ポケモン関連の自己満記事をシコシコ連ねるブログ

【カロスダブル】〜ジャパンカップ使用構築〜†ニャオガル太鼓サポートスイッチ†

ジャパンカップ終了直後に書いた記事ですのでご注意ください

WCSの予選となる日本代表決定戦の参加者を決める大会が5月2日〜5月5日の4日間ありましたね。

かくいう僕も挑んでみたわけなのですが、情報操作などのポケモン界の†闇†というものを沢山見れたり、技外しやクソ怯みなどで発狂しテンションが意味不明になるマーボーさんが見れたりと、ある意味でとても充実したGWだったのではないかと思っています(白目)

結果だけ先に言わせていただくと最高レートは1772で、当時は49戦残していました。

f:id:YPON:20140906012523j:plain

正直その時は「これ日本代表決定戦もらっただろw」とか思っていたのですが、その後虚しくもカロスダブルの†闇†に飲まれ、最終レートは1620ほど…散々な結果でした。

PT自体の完成度は決して高いと言えるものではなく、対策を切っていたポケモンが多すぎたなぁ…というのが一番の感想です。

ではでは!PTの詳細について書いていこうと思います!

f:id:YPON:20140906013436j:plain

†ニャオガル太鼓サポートスイッチ†

正直ジャパンカップで使うつもりのなかった急造のPT。

1日目2日目と潜って環境考察をし環境をメタった構築をいただいたりもしたのですが、その構築が自分にとって扱いづらく、これで潜ってもいい結果は出ないなと判断したため、扱い慣れていてそれなりの勝率を持っていたテスト大会で使用していた構築

(詳しくはこちら↓

http://alice-otokonoko.hateblo.jp/entry/2014/02/27/013558 )

を環境を考えて調整したものを使用しました。

急造PTであったため調整なども流用したものが多く、とてつもなくガバガバな感じですがお許しを(白目)

メガガルーラ@ガルーラナイト

f:id:YPON:20140906012618j:plain

意地っ張りH84A252B12D4S156

猫騙し …守るとの選択だと思いますが、マリルリのサポートを行うためにこちらを採用。

恩返し …意地っ張り個体で火力は十分あり、長い間場に居座って欲しいため捨て身ではなくこちらを採用。一応H252サーナイト程度なら確定で落とせるアホ火力。

アームハンマー …相手のガルーラニャオニクスと並べて処理するために採用。モロバレル処理後にメガバンギを早く処理することができる点もいい。

不意打ち …ファイアロー猫騙しとトリル後の不意打ちで縛ることが出来るため採用。しかし実際に猫不意打ちをすることはなかった…とはいえ役に立つ場面は多々あった。

ニャオニクス@防塵ゴーグル

f:id:YPON:20140906012817j:plain

陽気H252B4S252

猫騙し…対メガガルーラ、またはマリルリのサポートのために採用。ファストガードの方が欲しい場面は多々あったが、これがないと安定してマリルリのサポートを行えないためしょうがないかなと言った感じ。

甘える…防塵ゴーグルをもたせることで、相手のモロバレルの隣で悠長に龍の舞を積むギャラドスバンギラスの機能を停止させることが出来る。他にも物理主体のPTにとても良く働いてくれた。

トリックルーム…このポケモンの中でもキーとなる技。龍の舞などのSを上げる積み技が増えている中、トリックルームが刺さっていると判断し、一般的にはそこまでトリックルームを使わないこいつにトリルを張らせることで、相手の積みターンを無駄にすることができる。また、マリルリがトリル下だとファイアローより先にアクアジェットを撃てるようになるため、マリルリと並べて猫騙し腹太鼓からの守るトリックルームマリルリを狩りに来たファイアローを潰すことができた。

神秘の守り…ダークホールモロバレル対策。電磁波をS操作の軸にしているPTを機能停止させることもできる反面、使わないバトルも多かった。潜り始める直前まで、急増した雨パーティーの対策となる日本晴れを入れるか神秘を入れるかで悩んだが、マリルリのアンチシナジーとなってしまうため神秘の守りを採用した。

マリルリ@オボンの実

f:id:YPON:20140906012857j:plain

意地っ張りH228A252B12D12S4

アクアジェット…積んだ後に無双することができる技。猫騙しを回しながら使うことで全抜きも狙える。

じゃれつく…なぜか今回のジャパンカップではほとんど外れなかったじゃれつく。ミトムなどの水半減をトリル下で沈めることができる。強い。

腹太鼓…腹叩いたらHP半分減ってパワー全開になるとか体の構造どうなってんのか詳しく教えて欲しい。

守る…基本技。相手にファイアローがいる時にヘイトを集めてトリックルームを決める。

ナットレイ@食べ残し

f:id:YPON:20140906012918j:plain

勇敢H252A204D52

ジャイロボール…高火力、安定命中の技。ガルーラ猫騙しと合わせて、中乱数程度の確率で耐久に努力値を降っていないファイアローを無理矢理落とすこともできる。龍の舞を積んだメガバンギやプテラを大抵1発で落とせる。

パワーウィップ…高火力、低命中の技。メガギャラドスに対しての圧倒的な打点であり、ミトムやニョロトノなどの数の多い水タイプを処理することができる。割と高頻度で外す。

宿り木の種…残飯ナットレイの回復性能と積ませ性能をサポートする恐怖の技。2対1の場面でもこの技を両方向に撃てさえすれば等倍程度ならHP回復が間に合ってしまうという…。この技を使いTODをすることで勝てたバトルはとても多く、残飯ナットレイの強さを確認することができた。

守る…宿り木の種とのシナジーがとてもよく、また守ることで相手のクチートに炎の牙があるのかどうかの確認が行えるのが強かったと思う。

サザンドラ@命の珠

f:id:YPON:20140906012944j:plain

控えめC252S252D4

流星群…アホ火力。等倍をゴリ押ししたい時や、トリル下でのガブ、マンダにたいする強い打点。

悪の波動…基本的にこの技ばかり使う。主にギルガルドやゲンガーなどのガルーラが苦手なゴーストタイプに対して使う。純正トリパ相手の場合、カロスでトリルを使うことができるほとんどのポケモンに悪技で抜群を取ることができるため、トリパキラーとしての役割も持てた。

大文字…主にモロバレルに撃つ。ジャパンカップではこれを外したせいで、ナットレイモロバレルTODで負けるなど色々とやらかしてくれたが、命の珠大文字ならHBモロバレルを乱数で落とすことが出来るため仕方ない…。乱数でミリ耐えされた時の絶望感は異常。

守る…スカーフだと勘違いして殴ってくる人が多いため、これを守りターンを稼ぐことができる。

ヒートロトム@拘り眼鏡

f:id:YPON:20140906013009j:plain

H252B72C116S68

オーバーヒート…基本技。眼鏡オーバーヒートの火力は途轍もなく魅力的。

10万V…基本技。寝言と悩んだが神秘の守りがあるPTなのでこちらを採用。

めざ氷…トリル下でボーマンダガブリアスに対する打点に。

ボルトチェンジ…影踏み対策と、相手の交換読みでそれなりのダメージを与えつつ交換する。寝言不採用のため10万との両立をすることに。

〜パーティー感想〜

正直一般的なPTではなく、一見この並びって相性補完とれてるの?みたいな感じですが、正直とれてません(真顔)

メガカメックスコジョンドメガルカリオなどの高火力格闘ポケモンが来た時は負けです。諦めてください。

サザンドラボーマンダに変えることでここら辺に対して強くなることも考えたのですが、悪技が使えなくなりギルガルドに弱くなる点やモロバレルを落とすまでの火力がないという点で採用を見送りました。

パーティーとしての完成度よりもメタ性能を高めた結果が、相手次第で勝ち負けが決まってしまう構築です…。

とはいえ、それなりに環境を読んで組めていたためか、完成度としては低くても勝てる構築だったのかなぁと思いました。

〜カロスダブルを振り返って〜

カロスダブルが始まって、ガルニクスなどのいば神秘構築からクチートパンプジントリパ、そしてガルアロースタンにそれ対策のカバプテラ、そしてプテラキザンにその後流行したメガバンギバレルにメガギャラバレル。

少ないポケモンしか使えないにも関わらず大きく環境の変化を感じることができるルールであったのではないでしょうか。

カロスダブルは使用できるポケモンが少なく、準伝説がほとんど使えないルールだったためXYから入った初心者でも割とついていきやすく、なおかつ環境の変化ということを知れるいいルールだったなぁと思いました。

カロスダブルが終わってしまうのは少しさみしい気持ちもある反面、やっと全国がやれる…トリトドンが使える…という気持ちもありますw

今後カロスダブルについての記事を書くことはほぼなくなると思いますがポケセン大会やらでカロスダブルをやる機会があると思うので、たまにはこのルールにも触れていこうかなぁと思いますw

ではでは!今回はここまでです!

少し長くなってしまいましたが、最後まで見てくださりありがとうございました!