わいぽん の がむしゃら!▼

ポケモン関連の自己満記事をシコシコ連ねるブログ

ジャパンカップで使いたくない構築【全国ダブル】

ジャパンカップまで一週間切ったということで閲覧数稼ぎの記事を。

ジャパンカップって…?☆

ポケモンの世界大会である「ポケモンワールドチャンピオンシップス2015」に参加するための、日本国内予選が「ポケモングローバルリンク ジャパンカップ2015」だ!

ちなみにジャパンカップで勝ち抜いた人は最後の日本での予選大会である「ポケモンワールドチャンピオンシップス 日本代表決定大会」に参加する権利を得られるぞ!

そう、ジャパンカップは日本代表を決める大切な大会な訳なんです。皆さんもジャパンカップに出るなら勝ちたいですよね?

こっから先は僕個人の意見になるので「いや違うでしょw」と思う方も多く出てくると思うので、まぁかるーい気持ちで読んでくださいw

ジャパンカップで使いたくない構築】

ジャパンカップ2015は1ROMだと1日10戦×4日の《全40戦》で決まったレートの高さで順位が決まります。※昨年度は20戦×4日の全80戦

そう、例年と比べて圧倒的に対戦数が少ないんです。

「別に対戦数減ったところで強い人は勝つし弱い人は負けるでしょw」とか思う方もいるでしょうが、対戦数が減っているため、80戦の昨年度と比べて圧倒的に『1敗の重みが大きく』なっています。

この『1敗の重み』で使いづらくなる構築があるのでしょうか?

今回はジャパンカップで使いたくない構築の中でも、これについて考察していきます。

☆命中不安定技に頼る構築

この例として挙げられるのはトノルンパやリザ、叩き系統ですね。

確かにこの手の構築は上さえ取ってしまえば雨下のハイドロポンプや熱風、袋叩きいわなだれなどでイージーウィンもできるでしょう。

しかし制圧力が魅力的な分、デメリットとして命中の不安さが目立ちます。

リザは最近命中不安をケアするために火炎放射を採用するパターンも増えているそうですが、トノルンパに関しては手助けドロポンの火力や技スペースを考えると命中安定の熱湯を採用することは難しいと言えるでしょう。

また雨パーティは耐久が低めのポケモンで固まるパターンが多いため、1回の技外しが命取りになることも多いです。

それまでほぼ完璧な立ち回りをしていたのに、2割で負け筋を作り出してしまう構築。

これは『1敗の重み』が大きなジャパンカップ向きだとは言えないでしょう。

☆一部のパーティーに絶対勝てない構築

これは80戦あった昨年度の大会でもそうなのですが、一部のパーティーの対策を切っている、もしくは切らなければいけないパーティーは予選抜けが厳しくなります。

これは自分自身の経験なのですが、昨年度のジャパンカップ2014(カロスダブル)で僕はそこまで数が多くない「メガカメックス+ファイアロー」の並びの対策を完全に切っていました。

その結果、当時予選抜けのある程度の目安となっていた1800手前でたまたまメガカメックスと連続でマッチングし、そこからレートを溶かしてしまいました。

このように、メジャーでないとしても完全に対策を切ってしまうことは『1敗の重み』が大きな環境の中では危険すぎる綱渡りだと言えるでしょう。

例として挙げられるのは、霰パの対策を完全に切っている雨パーティーなどでしょう。

昨日行われたぽちゃオフでは、準優勝者がスカーフユキノオーを使用しており、ボルトランドや雨パーティーに対して圧倒的な制圧力を見せつけていました。そのため、ジャパンカップまでに数を増やす可能性も十分にあるでしょう。

このように、1匹のポケモンで負けが決まってしまう構築は、マッチング時点で勝てない構築と当たった際対戦数を無駄にしてしまうため、使用したことを後悔することとなるでしょう。

☆いわなだれを誘う構築

自分は一時期レートでメガフシギバナを使っていたのですが、対面メガフシギバナHP3/4vsランドロスHP半分で対面をしていわなだれで3〜4回怯んで負けたことがあり、それ以降メガフシギバナ使いたくない病にかかりました。

受け軸の構築はハマれば間違いなく強いのですが、ハマらなかった場合の運負け率が恐ろしく高いです。

これに関しては立ち回りが悪いというのがあるとは思いますが、それにしても1回の怯みで勝敗を左右されてしまう構築は使いたくないですね…。

☆単体攻撃しか出来ない低耐久、高火力ポケモンがメインの構築

例として挙げられるのはキリキザンファイアロー、一部の雨パですかね…。

確かに読みを通せば強いのでしょう…が、読みを外したら終わりです。

特にジャパンカップはネットで行われる大会で、相手がどれだけ立ち回りがうまい相手なのかが推測しづらくもあります。

その中で確実に相手の読みレベルを把握し、完璧に立ち回るなど相当立ち回りに自信がある人じゃない限りオススメできないでしょう。

☆不意のメタをされているポケモン

自分はモロバレルを使うのがあまり好きではないです。

その理由が『防塵ゴーグル』という胞子を撃たないor粉を空かされない限り判別することができないアイテムでメタを張られている可能性があるからです。

メジャーかつ明確なメタがあるポケモンは不意のメタで負けてしまう可能性があるため、個人的には使いたくないです。

☆初見殺し

初見じゃなかったら終わりで安定しない。

☆瞑想、小さくなる系

瞑想や小さくなるをするポケモンの取り巻きを倒されてTODされて使ったこと後悔しろ。

とりあえず、自分が考えた中での使いたくない構築はこんな感じですかね…。

とはいえ、正直この使いたくない条件に引っかからない構築を作ったら作ったで制圧力が足りない中途半端な構築になってしまうと思うので、いい妥協点を見つけたいところですね…。

かなり意見の偏った記事となってしまいましたが、参考にしていただければ幸いです。

こんな長文・駄文を読んでいただきありがとうございました!

それでは、皆さんジャパンカップ頑張っていきましょう!!!